公式の説明を読む

コンテンツ

  • 医療機関における品質管理
  • 看護管理と健康計画
  • 看護管理技術
  • 病院における臨床看護管理
  • 看護における人的資源の管理
  • 看護における指示およびコミュニケーション能力の実用化
  • 看護サービスの質
  • 介護の質の高さ
  • 看護における基本的なテクニックと手順
  • NANDAの分類法における看護
  • 介護への教育方法論
  • 公害、保健および介護
  • 物理的、化学的および生物学的物質による健康問題における看護
  • 看護のための臨床研究
  • 看護研究における方法論
  • 看護研究のテクニック
  • 看護面接における行動方法
  • 介護用品と介護管理

目標

  • 保健サービスの方向に様々な行動のツールと管理技術を促進する。
  • 戦略を策定し、RD / 2015基準が確定される結果の達成につながる運用上の行動を説明する。これは保健サービスの分野における臨床管理ユニットの実施のために設定されている。

入学要件

看護学における卒業生/卒業生。

期間とその実現

700時間の授業が可能で、最短8ヶ月から最長12ヶ月で行うことができます。

方法論

技術サポートとして、学生はヨーロッパのキャンパスへの鍵を与えられるでしょう。それは彼がコース文書、自己評価と学生ガイドとチュートリアルによる評価にアクセスすることを可能にするでしょう。

同様に、個人的な方法で講師はオンラインで、電話で、そして学生がそれを望むなら個人的にトレーニング内容についてのあなたの質問に答えます。

必須の要件として、評価テスト、最終プロジェクト、および試験に合格することです。

滴定

学生は、 Instituto Europeo de Salud y Bienestar Socialによって発行された卒業証書を受け取ります。

こちらで受講可能な講座:
スペイン語
最後にApril 12, 2019を更新しました。
このコースは、 Campus based
開始日
9月 2019
Duration
所在地で選ぶ
日付で選ぶ