Master of Science in Reproductive & Sexual Health Research

一般

講座の説明


学生は6研究モジュール、各時間割のスロットから1の合計を取ります。 一つのモジュールが必須です。 モジュールの典型的な選択は、以下のとおりです。いないすべてのモジュールは、任意の一年間で利用できるようになります。

/?utm_source=Keystone&utm_campaign=Keystone&utm_medium=KeystoneListing

モジュールの制限数は、電子アクセスの教材を使用して、自己学習により採取することができます。

/?utm_source=Keystone&utm_campaign=Keystone&utm_medium=KeystoneListing

プロジェクト報告書

学生は、研究プロジェクトを完了します。プロジェクトの許容可能なタイプは次のとおりです。データ分析;プロジェクト提案。オリジナルの文献や政策の見直し。

学生は通常、プロジェクトの報告書の作成のためにロンドンに残ります。この期間中の海外旅行は、特定の状況下で付与されます。

2年間で一年またはパートタイムのフルタイム。 2年間のコースを取る学生は、(これは用語時間中に学校に少なくとも2日毎週通うことを含む)の両方年間を通じてパートタイムに出席するために選択することができます。

/?utm_source=Keystone&utm_campaign=Keystone&utm_medium=KeystoneListing

最後に3月 2020を更新しました。

学校について

The London School of Hygiene & Tropical Medicine (LSHTM) is a world-leading centre for research and postgraduate education in public and global health. Our mission is to improve health worldwide; ... もっと読む

The London School of Hygiene & Tropical Medicine (LSHTM) is a world-leading centre for research and postgraduate education in public and global health. Our mission is to improve health worldwide; working in partnership to achieve excellence in public and global health research, education and translation of knowledge into policy and practice. Our mission is to improve health and health equity in the UK and worldwide; working in partnership to achieve excellence in public and global health research, education and translation of knowledge into policy and practice. 閉じる