臨床倫理におけるインターナショナルマスター

一般

講座の説明

  • 取締役:Mr.BenjamínHerreros氏とフェルナンド・バンドレ氏。
  • クレジット:60 ECTS。
  • 期間:10月〜6月(1学年度)。
  • モダリティ:オンライン。


説明/>

現在の医学では、倫理的紛争はますます頻繁になり、意思決定に大きな影響を与えます。臨床医が臨床倫理において訓練されていることは不可欠ですが、「臨床倫理の修士」が提供する基本的な実践的な訓練でなければなりません。


誰がモジュール1と2を作るかは、人生の終わりにコンサルタントと臨床倫理と倫理に相応する卒業証書を与えられます。/>


目標/>

メイン:

  • 臨床実践における通常の倫理問題における意思決定を改善する。

セカンダリ:

  • 学生が生命倫理のコンサルタントや医療の倫理委員会で働くことを可能にする。
  • コースを実施する専門家が働くユニットやサービスのケアの質を向上させる。
  • 臨床実践の主要な倫理的葛藤を分析する方法を知っている。
  • 個人やグループの意思決定を通じて、倫理援助の問題を解決するためのツールを学生に提供する。


私は/>

  • 医療分野で臨床活動を展開する医療従事者。これらの専門家は、経験の少ない医師(近年の居住者や若手副医師)から、より専門的な専門家にまで及ぶ可能性があります。
  • 看護学、心理学、歯科学、薬学、理学療法、社会科、法律、哲学の倫理的側面に関心を持つ程度の専門家。彼らは新たに認定された専門家でもあり、専門家でもあります。


登録/>

オンライン

  • フル授業料:5000ユーロ
  • 200ユーロの予約のための支払い(この金額は、後日、コースを受講しないことを決定した場合に払い戻されません)。
  • 2つの分割払いで支払う可能性
  • 奨学金の可能性は最大40%


モジュール/>

  • モジュール1:臨床倫理のコンサルティングとコンサルティング。
    コーディネーター:BenjamínHerrerosとDiego Real deAsúa。
    (臨床倫理におけるコンサルティングとコンサルティングのディプロマに相当)
  • モジュール2:人生の終わりの倫理。
    コーディネーター:BenjamínHerrerosとMiguelSánchez
    (人生の終わりに倫理学の卒業証書に相当する)
  • モジュール3:特別な文脈における倫理的葛藤
    コーディネーター:BenjamínHerrerosとGregorio Palacios
  • モジュール4:人間との倫理、バイオテクノロジー、研究。
    コーディネーター:Emanuele ValentiとBenjamínHerreros。
  • モジュール5:実践とTFM。


Estanciaマドリードは3週間であるが、監督されたオンライン慣行でconvalidable;学生のための2つの選択肢の中から選択する。/>


コーディネーター:BenjamínHerrerosとDiego Real deAsúa。/>

  1. ヘルスケアのための倫理委員会のインターンシップ。
  2. コンサルタントにおける慣行と生命倫理における調停。
  3. 臨床研究のための倫理委員会の実践。
  4. 臨床倫理センター/施設における実践
  5. 修士論文
  6. 評価


ファイナルマスタープロジェクト(TFM):このタスクに割り当てられた教師の助けを借りて、個人またはストリーミングプレゼンテーションが必要となります。/>


教職員/>

すべての専門家は、説明されたトピックでの教育と実践経験を持つ専門家です。

  • Benjamin Herreros。内科の専門医、UCMの法医学科の教授。
  • フェルナンドバンドレ。 UCM法科大学教授。
  • ミゲル・サンチェスバイオエシックスUCM教授。
  • Rogelio Altisent。サラゴサ大学のプロフェッショナリズムと臨床倫理の議長。
  • ベルナルド・ペレア法医学UCM教授。
  • JavierSádaba。マドリードの倫理学科教授。
  • フアンカルロスÁlvarez生命倫理CEUの教授。
  • ディエゴ・レアル・デ・アスア。生命倫理学の修士号、内科医のスペシャリスト。
  • カルロス・ム・ド・ヴィウ。 Fuenlabradaの病院長、精神医学の専門家。
  • エマヌエーレ・ヴァレンティ。哲学の博士号、生命倫理の修士号。
  • グレゴリオ・パラシオス。生命倫理学の修士号、健康法の修士号。
  • エンリケヴィヴァス医学博士EUの教授。
  • エンリケオリヴァレス。生命倫理、法医学専門家のマスター。
  • ピラールピラール。法医学専門家、UCM弁護士教授。
  • エロイパチョ生命倫理学の修士号、内科医のスペシャリスト。
  • テイラ・ベラスコ看護学博士、看護学科教授、UCM。
  • マリア・ヘススパスカル予防医学と公衆衛生の医療専門家、マドリッド・サルド。
  • ビアトリス・モレノ。心理学の博士号、生命倫理学の修士号。
  • AndrésArriaga。心理学EU教授。
  • ダニエル・ロペス医学博士、内科医スペシャリスト。
  • MªDoloresMartín。予防医学の専門医、予防医学の教授であるURJC。
  • ホセ・ミゲル・エルナンデス。哲学の博士号、生命倫理学の修士号。
  • RamónOrtega Lozano。科学哲学の博士号、コミュニケーション教授、ネブリージャ大学。
  • Cristina Guijarro。神経学の専門家、EUの教授。
  • エドゥアルド・パシオス。放射線腫瘍学の専門医、医学博士。
最後に3月 2020を更新しました。

学校について

Fomentamos el diálogo entre las Humanidades y las Ciencias de la Salud en todas sus áreas, con el objetivo de contribuir al desarrollo social y científico. El Instituto de Humanidades y Ciencias de la ... もっと読む

Fomentamos el diálogo entre las Humanidades y las Ciencias de la Salud en todas sus áreas, con el objetivo de contribuir al desarrollo social y científico. El Instituto de Humanidades y Ciencias de la Salud Gregorio Marañón de la Fundación Ortega-Marañón tiene como objetivo la puesta en marcha de diferentes programas formativos, consultoría, edición, reflexión y debate que contribuyan a arrojar luz sobre algunos de los principales problemas que hoy afronta nuestra sociedad. Partiendo de esa ambición integral, fomentamos el diálogo entre las Humanidades y las Ciencias de la Salud en todas estas áreas para, desde una perspectiva multidisciplinar, aportar soluciones a las cuestiones que se presentan a los profesionales sanitarios. 閉じる
マドリード , スペインオンライン + 1 もっと 閉じる