看護学の理学士

一般

講座の説明

看護師は、患者の健康と快適性を維持し、回復するために、予防、治癒または緩和ケア、確立されたプロトコルに従って、それが提供する、ケアチームの重要な部分です。この責任の高い職業には、厳格さ、警戒心、および専門性が必要です。

強み

学生が活動的な生活を送る準備をする専門的な状況での統合インターンシップ。

A woman getting her blood pressure testedハッシュナイドゥ/アンスプラッシュ

研修プログラム

学期1
  • 解剖学1
  • 生理学1
  • 発達心理学
  • 看護規律の紹介
  • 応急処置の開始
  • 看護技術とケアアプローチ1
  • コミュニティ看護1
  • 微生物学;寄生虫学と免疫
  • C2I
  • インターネットとウェブ
  • フランス語
  • 英語
学期2
  • 解剖学2
  • 生理学2
  • 臨床生物学
  • 薬理学1
  • 母と新生児のケア
  • 衛生と環境
  • 看護技術2
  • ヘルプ関係
  • お手入れ2
  • 医学外科におけるケアの実践1
  • 英語
  • フランス語
セメスター3
  • 循環器学における看護
  • 看護看護
  • 看護薬理学2
  • 看護と障害
  • 感染性看護
  • 看護神経学
  • 小児看護
  • 小児医療の実践
  • 看護技術3
  • 医療行為-手術2
  • 英語
  • フランス語
セメスター4
  • 消化器疾患の看護
  • 内分泌学および栄養学栄養学における看護
  • 整形外科看護
  • 推論と臨床判断
  • 危機的な状況での看護
  • 特別な機器技術
  • 医学手術におけるケアの実践3
  • 泌尿器科および血液透析における看護
  • 婦人科および産科における看護
  • 看護眼科、耳鼻咽喉科、顎顔面および口腔病学
  • 職場での人間工学、健康、安全
  • ドイツ語
  • 英語
セメスター5
  • オンコロジー
  • 血液学
  • 高齢者の介護
  • 皮膚科
  • メンタルヘルス看護
  • 精神医学におけるケアの実践
  • 手術室でのケアの実践
  • クリティカルケアの実践
  • コミュニティ看護2
  • ケアの研究と研究の方法論
  • ドイツ語
  • 英語
セメスター6
  • 臨床的推論と看護管理
  • 統合インターンシップ
  • 地域医療の実践
  • 研究セミナー
  • 救急
  • バイオ統計
  • PFE
  • 高齢者とのケアの実践
  • 看護の倫理と倫理
  • 法律と患者の権利
  • ドイツ語
  • 英語

プロの地平線

従業員として:総合看護アシスタント:

  • 病院および個人診療所、
  • 学校および大学医学のセンター
  • 非政府組織
  • 民間医療行為

自律看護師:診療所で、または患者に直接練習します。

入学条件

  • 学士号の最初の年には、学士号または同等と認められた卒業証書を持つ学生が認められます。
  • ライセンスの2年目または3年目に認められ、学生はそれぞれ同じ専門分野または関連する専門分野で1年または2年の高等研究に合格した。
  • 3年目の入学は、専門分野または関連する専門分野の高等技術者の卒業証書(DEST、DUT)または学士の学位を授与する卒業証書(DEUPC)の所有者にファイルで行われます。
最後に3月 2020を更新しました。

学校について

L’UPSAT, faculté privée des sciences de la santé, a été fondée en 2001. Elle est pionnière dans l’enseignement universitaire paramédical en Tunisie. UPSAT est la première institution d’enseignement su ... もっと読む

L’UPSAT, faculté privée des sciences de la santé, a été fondée en 2001. Elle est pionnière dans l’enseignement universitaire paramédical en Tunisie. UPSAT est la première institution d’enseignement supérieur paramédical privé à être reconnue par le Ministère de l’Enseignement Supérieur et de la Recherche Scientifique ainsi que par le Ministère de la Santé. 閉じる