放射線診断学の学士

一般

講座の説明

このプログラムに参加するには、申請者はライフサイエンス/物理科学のいずれか、または両方の対象者である必要があります。

キャリア

放射線技師は、X線装置を使用して、怪我や異常の診断に役立つ画像を生成します

入学要件

  • 最小APS:
    • 27数学OR
    • 29数学リテラシー
  • 教育と学習の言語-英語:5(60%)
  • 数学:4(50%)
  • 数学的リテラシー:6(70%)
  • 物理科学:4(50%)
  • ライフサイエンス:5(60%)
  • 追加の主題1:4(50%)
  • 追加の主題2:4(50%)

国際出願者の入学は、大学の方針に基づいて行われた入国管理法第13号、2002年で規定されているコンプライアンス要件を満たす必要があります。


特定のプログラムに対する学部の最小要件を満たすことは、スペースの制約により、必ずしもそのプログラムへの入学を保証するものではありません。すべての申請者は、入学前にNBT(National Benchmark Test)を完了する必要があります。 NBTの結果は、申請者の配置に関する決定を通知します。 APSを計算するとき、人生の方向は含まれません。

登録と開始日

登録は1月に始まり、2月には学部課程と大学院課程の両方のプログラムが行われます。

修士と博士の研究プログラムはすべて、年間を通じて登録できます。

終了日:アカデミックは1月に始まり、12月に終わります。プログラムの締め切りは、プログラムの期間によって決まります。

最後に8月 2019を更新しました。

学校について

Vibrant, multicultural and dynamic, the University of Johannesburg (UJ) shares the pace and energy of cosmopolitan Johannesburg, the city whose name it carries. Proudly South African, the university i ... もっと読む

Vibrant, multicultural and dynamic, the University of Johannesburg (UJ) shares the pace and energy of cosmopolitan Johannesburg, the city whose name it carries. Proudly South African, the university is alive down to its African roots, and well-prepared for its role in actualising the potential that higher education holds for the continent’s development. 閉じる