妊産婦の健康の看護、産婦人科の修士号

一般

講座の説明

MESMOGコースが母体産婦人科の看護の修士号につながる研究の第二サイクルの過程で、decree-の規定を満たし、120クレジットと学生の作品の4学期の通常の期間の合計を含み、法律#3月24日の2006分の74と欧州議会のと9月7日の理事会指令第36分の2005 / ECおよび3月4日の法律9/2009によってポルトガル法律に転置。

確立された構造は、看護の科学の固体と幅広い教育だけでなく、社会と行動科学の特定の領域を確保します。 オーダー10月23日のnº13717/ 2012として母性看護と助産で大学院専門を提供します。 120クレジットは異なる科学分野によって配布されます。高度な看護母親の産婦人科私 - 8単位必修。管理と管理 - 5必修単位、女性の健康増進 - 5必修単位、看護研究 - 5必修単位、パーソナルコミュニケーションと対人 - 5必修クレジット、文化人類学 - 3クレジット必要です。母性看護産婦人科II - 12必修単位。出産や子育てのための看護のための準備 - 2必修単位。新生児の看護 - 2必修単位やコース臨床実習I、IIおよびIV、5コアクレジットそれぞれに、臨床教育III - オプション - 3つの代替の分野で5科目クレジット:看護新生児、新生児交通集中ケア新生児看護、臨床教育のV - 10必修単位と臨床教育VI - 15必修単位。 コー​​スの最終報告書は15必修単位を持っています。

最後に1月 2016を更新しました。

学校について

A Escola Superior de Saúde de Viseu é uma Instituição de Ensino Superior Público integrada no Instituto Politécnico de Viseu, dotada de personalidade jurídica e de autonomia administrativa, financeira ... もっと読む

A Escola Superior de Saúde de Viseu é uma Instituição de Ensino Superior Público integrada no Instituto Politécnico de Viseu, dotada de personalidade jurídica e de autonomia administrativa, financeira, científica e pedagógica e a sua organização e gestão rege-se pela Lei n.º 54/90, de 05 de Setembro, com algumas especificidades decorrentes do Decreto-Lei n.º 205/95, de 08 de Agosto. 閉じる