地域看護のマスターで

一般

講座の説明

地域看護のマスターは、を目指して: - 専門家は、個人、家族、コミュニティグループに専門家の支援を提供することができるよう、科学、技術、人間と文化的スキルの獲得を確認してください。 - 地域看護の中に専門性の高いケアを推進する学際的なチームを統合するために看護師を有効にします。 - 科学的証拠の創造に貢献、地域看護の分野の研究の発展のために訓練します。 それでも学校は、社会の中で機能することができる看護師を準備し、職場での優れた実践の発展を促進することに加えて、計画することができると行動将来の社会的、専門的な変化に応じてと発展に貢献したいです職業。

コー​​スの提案学習プロセスは、前提条件として、少なくとも2年間の看護師として看護やプロの経験の学位の所持を前提としています。 したがって、学生はすでに看護の訓練の最初のレベルに設定するスキルを持っていることを考えると、それは、開発深め、地域看護における専門分野で調査することを意図しています。 地域看護に特化したケアを提供するための知識を習得し、科学的、技術的、人間的、倫理的 - :このマスターの目的で、地域看護における専門分野に向け、私たちは、コースを通して、学生が以下のスキルを開発したいです; - 個人、グループおよび/または地域社会への適切な関係とコミュニケーションスキルを開発。 - 生涯を通じてITの個人やプロの開発を可能にする重要な反射能力を実証するために、 - コミュニティ介入プログラムを実施し、計画を設計し、評価するために、リソース管理機能を開発します。 - プロの練習の卓越性を探している値、習慣、宗教や倫理ナースのコードの中で設定されているすべての他の側面のための尊重のヒューマニスト原則を示しています。

最後に1月 2016を更新しました。

学校について

A Escola Superior de Saúde de Viseu é uma Instituição de Ensino Superior Público integrada no Instituto Politécnico de Viseu, dotada de personalidade jurídica e de autonomia administrativa, financeira ... もっと読む

A Escola Superior de Saúde de Viseu é uma Instituição de Ensino Superior Público integrada no Instituto Politécnico de Viseu, dotada de personalidade jurídica e de autonomia administrativa, financeira, científica e pedagógica e a sua organização e gestão rege-se pela Lei n.º 54/90, de 05 de Setembro, com algumas especificidades decorrentes do Decreto-Lei n.º 205/95, de 08 de Agosto. 閉じる