博士号工学の進歩 - 生化学的強調

一般

講座の説明

CMB大学院プログラムへの入学

工学部修士および博士号に加えて要件、CMBの学校は次の入学ガイダンスと要件があります。

  • 特にアプリケーションの次のコンポーネントに考慮が払われます:GREと他のテストの点数、学部生の成績評価点平均、学生の目的の声明(SOP)、および推薦状。
  • 物理学、化学、生物学などの非工学分野で学士号を取得し、微分方程式によって数学を完了した優秀な学生は、学校の大学院プログラムへの入学を検討されます。これらの学生は通常、大学院入学諮問委員会と連携して学校カリキュラム委員会によって決定される大学院教育の開始時に3〜4回の追加の工学コースを修了する必要があります。
  • MSからPh.Dへの専攻学生の変更:a)各GREスコアは少なくとも150でなければならない(口頭および定量的)、b)Ph.D. c)MSの十分な進捗状況が証明されていること、d)学部生のGPAが最低でも3.0(またはそれに相当するもの)であること、およびe)変更に対する説得力のある事例が与えられていること。

概要

最低必要条件 - 72クレジット時間(最低32クレジット時間のコースワーク、最低40クレジット時間の研究および論文)

117977_ECE4.jpg

必須コース(10単位時間)

  • ENGR 6910:工学研究の基礎(3クレジット時間)
  • BCHE 8970:バイオエンジニアリングセミナー(4学期4クレジット時間)*
  • ENGR 8103:計算工学(3クレジット時間)

必修科目 - 次の3つから選択してください(9単位時間)

  • BCHE 8150:不均一反応器設計およびバイオ/触媒作用(3クレジット時間)
  • CVLE(MCHE)8160:高度流体力学(3クレジット時間)
  • CVLE(MCHE)8170:アドバンスト熱伝達(3クレジット時間)
  • ENGR 8180:高度大量輸送機関(3クレジット時間)
  • BCHE 8210:発酵工学研究所(3クレジット時間)

選択科目(13クレジット時間)

学生の大学院諮問委員会の承認を得て選択された、最低13単位の追加授業時間。最低1時間は8000レベル以上でなければならず、最低3時間は工学部が提供するコースでなければなりません。大学は博士課程に受け入れられている学生が必要です。 BSの学位から直接プログラムしたり、博士号を取得した人。 MSの学位を取得する前にプログラムは、大学院生にのみ開かれたジョージア大学のコースの追加の4学期時間を完了する必要があります。

研究および論文(40単位時間)

  • 最短37時間の博士研究(ENGR 9000)またはプロジェクト集中博士研究(ENGR 9010)。通常、学生は大学院諮問委員会の承認を得て37単位時間以上を修了します。
  • 3時間の博士号研究計画書には学位論文(9300)が必要です。

*研究プログラムには3時間のバイオエンジニアリングセミナーしか適用できません。個々のプログラムまたは学校は、学生に追加の学期への登録を要求する場合があります。正式にセミナーに登録されていなくても、学生はスピーカーシリーズのプレゼンテーションに定期的に参加し続けることを強くお勧めします。

大学院の要件および工学部の要件に加えて、化学、材料および生物工学の学校は、以下の博士課程プログラムの要件があります。

  • すべての博士号CMB工学部が提供するプログラムには、BSの後に32単位時間の履修要件があります。大学の方針により提供される研究および論文作成の完了には、さらに単位時間が必要です。
  • 博士号学生は、博士号取得後18か月以内に5人の教員で構成される大学院諮問委員会を編成する必要があります。プログラム。諮問委員会の少なくとも1名、ただし2名以下の教員は専ら工学部外で任命されなければなりません。
  • 学生は論文を完成させ、口頭で弁護する前に筆記資格および口頭総合試験に合格しなければなりません。筆記資格試験は学校が実施します。口頭総合試験は大学院の要件に従います。
  • 博士号学生は博士号取得後24か月以内に立候補することが認められます。プログラム。
  • 学生はUGAの科学および工学のコミュニティに宣伝されたスクールセミナーシリーズで2つの口頭発表をしなければなりません。
  • 学生の論文研究は、重要な奨学金(出版物、特許、会議発表など)を生み出すことが期待されています。
最後に3月 2020を更新しました。

学校について

Understanding that 21st century engineers require more than technical knowledge, we equip students with an understanding of the social and economic impact of their work, the ability to communicate the ... もっと読む

Understanding that 21st century engineers require more than technical knowledge, we equip students with an understanding of the social and economic impact of their work, the ability to communicate their ideas to a wide variety of people, the ability to work effectively in teams, and the skills to provide leadership in solving society’s grand challenges. 閉じる