マネージメントのマスター

一般

講座の説明

マネジメントのマスターは、マネジメントの第1サイクルトレーニングを継続し、マネジメントや関連分野の学位を取得し、補完し、深めていくことを目指しています。

経営者のマスターは、21世紀の企業が直面している世界的に成長し、ますます競争の激しい世界における主要な課題に取り組むビジョン、コンセプト、ツールを参加者に提供します。

管理のMSCは、学生の利益に応じて専門分野の深化を確実にするために十分な柔軟性を持って、全体的な見解を失うことなく、ビジネス管理のさまざまな分野で最も厳しいと複雑なタスクを実行するための学生を準備します。それぞれの学生は、管理のさまざまな分野で幅広い選択肢の椅子を提供しています。

Eduniversal_completo.jpg

目標

マネジメントのマスターは、マネジメントのすべての卒業生または関連する訓練のための選択肢の連続性を提示し、一般的な目的を持っています:

  • マネジメント分野における主要テーマの知識を向上させる。
  • プロフェッショナルな興味のあるトピックの専門スキルを開発し、最終的なプロジェクト/論文の完成に貢献する。
  • 生徒が自主的に自らのプロジェクトを開発するための研究方法、手続き、技法を学生に提供する。

投資2020/2021

プログラム全体への投資は7,350ユーロです。
初年度は5,750ユーロ、2年度目は1,600ユーロ。

毎年の賄賂は、1回または分割払いで支払うことができます。

2020/2021申請プロセス

要件

IBS フルタイム修士号の入学は、学位レベルの学業資格に加えて、2つの重要な要件を前提としています。

  • 彼らは活動のセットに大きな関与が必要なフルタイムのマスターであるため、効果的な時間の利用可能性。
  • 英語力。いくつかのカリキュラム単位は英語で教えられ、作品資料、書誌的参考文献、外国人ゲストとのセッション

入学プロセス2020/2021:

連絡先

パウロ・ピレス
masters.ibs @ ISCTE -iul.pt
電話番号:(351)210 464 115

最後に11月 2019を更新しました。

学校について

IBS is a pioneer School in the teaching of management and business sciences, and the first where this was an autonomous area as opposed to a subject taught within the field of economics. The links to ... もっと読む

IBS is a pioneer School in the teaching of management and business sciences, and the first where this was an autonomous area as opposed to a subject taught within the field of economics. The links to the corporate world are a distinctive feature of our School. Since the outset, IBS has relied on the support of invited faculty from the business world whose collaboration has provided valuable input for our curricula. 閉じる
リスボン , オーランド + 1 もっと 閉じる

認定